FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
いろんなところを有効活用
こんにちは、篠原です

久しぶりの更新です


前回、収納のことを挙げましたが、リフォームするなら
いろんなところを有効活用することを頭に入れておくと無駄なスペースがなくなると思います。


たとえば「ニッチ」と呼ばれる飾り棚。
直訳すると「隙間」、「くぼみ」を指すそうです。


建築的に見ると飾り棚として壁の一部をへこませた部分のことを指します。


壁の厚みは一般的には130mmほど
大体奥行105mmほどの棚は作れます。

棚を作って場所をとるのはもったいないけど、棚がほしい時や
廊下に棚がほしいけど棚を作ると歩くのに邪魔だ!という時には、是非ニッチを作っちゃいましょう笑
s_DSC_0245.jpg
廊下にニッチ↑

s_P4270276.jpg
リビングはいるところにガラスブロックと併せてニッチ作成↑
(玄関開けて正面の壁なので、インパクトもあると思います)s_P6080471.jpg
キッチンの腰壁にもニッチで有効活用↑


ニッチとはまた違うんですが、有効活用ということで間仕切り壁を収納として活用する例
先に施工前
(ガランとオープン状態)↓s_PC241581.jpg
そこに間仕切り収納を作ると.....↓s_PC271598.jpg
大収納設置!!

これら以外にも、計画次第でいろんなニッチや棚が出来ちゃうと思います。
結構考えるのも楽しいですよ(@^^)/~~~

参考までに~


ではまた!




[2017/05/15 18:56] | リフォーム | コメント(0) | page top
収納って大切ですね
こんにちは!
篠原です。
うちの会社では連休は昨日で終わり、今日は出勤でした。
GWにどこかに出かけようという話も奥さんとの間で出ましたが、
結局、連休中部屋の片づけをしてました。
それで改めて気付いたのですが「収納ってめっちゃ大切だなぁ」
ということでした。
物入れ、押入れ、クローゼット、ウォークインクローゼットetc....
あるに越した事はないなと(@_@;)
しかし収納する部屋があっても収納する棚や家具などがないと整理整頓されてるとは
言い難いですが...
クリアケースや既製の棚ではやっぱりデッドスペース(無駄な空間)が多く片付いていきません。
現場をやるにあたってそこら辺まで気付きと提案ができれば喜ばれるのかなと思いました。
今後は今まで以上に気を配っていければと思いました。
ちなみにマイルームは片づけ進行度:85%といったところです(゜-゜)
http://home-making.net
[2017/05/06 16:34] | リフォーム | コメント(0) | page top
大工さんお願いします!
こんにちは。
篠原です。
大工さんって何する人?
大体の人は木をのこぎりを使って切って、
釘を金槌で打ってる人ぐらいは知ってると思います。
間違ってはいません
実際は電動丸のこでさっと切って
電動ドライバーでささっとビス留めしてますが大体同じことです
ただ大きいリフォームになると必須の職人さんになります
間仕切り変更にしても棚つけるにしても、扉取付、サッシ交換、フロア貼り
各所下地造作......
家の中で大なり小なり大工さんの作業が関わってきます。
一番わかりやすいのは新築の建て方でクレーン使って家の骨組み組立ですね
リフォームで工事項目にもよりますが、
フロア貼り替えなどは大工さんが最適の工事ですね
既存の床を解体して→水平をとって→床下地(根太と呼ばれるもの)を組んで→
床合板貼って→フロアを貼る
これらすべて大工さんがいれば完結します。
現場監督をしていて切っても切り外せない職人さんです。
では、現場に行って大工さんと打ち合わせしてきます!笑

http://home-making.net
[2017/05/01 09:22] | リフォーム | コメント(0) | page top
リフォームのあれこれ
こんにちは。
篠原です。
はじめましての人もそうでない人もよろしくお願いします。
一口に「リフォーム」
といってもいろんな工事があります
●外壁塗り替え・貼り替え
●屋根塗り替え・葺き替え
●ユニットバス入れ替え
●キッチン入れ替えやそれに伴う間取り変え
●トイレや洗面台など水回り交換
●和室から洋室に変更
●エアコン交換
        ......etc
挙げればきりがありません。
住宅に関する工事って交換したり工事したりするとなると大体リフォーム工事になるので.....
(まぁ、状況によれば「リノベーション」ということもあるかもですが(@_@;))
アフターメンテナンスと似て非なるものですね。
お金のかからない保証の範囲内でやるものがアフターメンテナンス
お金のかかる新規契約で工事するものがリフォームなのだと私は考えています。
どんな小さな工事でもそこに住む人にとっては不安不満の種なのでしっかり施工してその不満を
満足感動に変えていければと思います。
それでは職人さん待っているので現場に出かけるとします。
今日も一日がんばりましょう!
では!

http://home-making.net
[2017/04/24 10:15] | リフォーム | コメント(0) | page top
断熱工事ってどんなもん?
こんにちは。

篠原です。


今日も現場回りです。
和室+広縁→洋室(寝室)のリフォームの現場と
外・中大規模にリフォームする現場2件。。。。

作業をしてくれている職人さんはみなさんいい人ばかりなので助かってます。


さて、前回書きました断熱工事について
リフォームするに当たり結構施工する機会が多いので参考までに違いを羅列したいと思います。
リフォーム工事を依頼するお客様には「寒いから」とか「外の音がうるさい」とか、そんな動機で断熱工事を考えている方も
少なくないのでは?!

前回紹介した「セルロースファイバー」は実際に施工した部屋の中に入ってみると違いがとてもよくわかります。

私の勤めている「森のめぐみ工房」はそのセルロースファイバー施工店でして、昔、新築担当時代に断熱工事が終わった現場に
入ってびっくり!!

真夏の晴れた日で外はめっちゃ暑くてつらい時に、建物の中は外とは比べ物にならないほどに、ひんやり涼しかったです。
冬の寒い日は、温かったですね。

実際に体験してみるのが一番だと思いますので、一度当社の展示場に足を運んでみてください。

森のめぐみ工房 新東仙台展示場   
http://home-making.net 
 4/22(土)open
[2017/04/19 14:32] | リフォーム | コメント(0) | page top
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。