FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
リフォームって本当にあけてびっくり......
こんにちは、篠原です。


去年ですが、古民家の改修実施。

キッチン床下解体中↓

s_DSC_1208.jpg

この時、事件は起きました。
一般的に給水給湯は根太の下に転がすはずという先入観があったために事が起きたのです。

この現場、大引と根太の間(大体45mm)に給水給湯が挟まる形で設備工事がなされていたのです。

結果、大工さんが床を解体する時丸のこで床を切っていたら水が出てきた!
ということです。

昔の家って何があるかわかりませんね(@_@;)


そのときはいつもお世話になっている設備屋さんにSOS!(;一_一)
近くにいたので助けてもらいました。

ついでに本来の配管もしてもらっちゃう幸運
結果オーライでした

違う設備屋さんに工事を頼んでいたのですが、事件当日これないという事でのSOS
最終的に助けてもらった設備屋さんに本工事も頼みました(゜-゜)

解体が無事?終わって新規の根太、大引↓
s_DSC_1212.jpg

「なんで緑なの?」

防蟻剤を塗布してます。

床下断熱↓
s_DSC_1214_1.jpg

スタイロはめ込んでいきます。

床合板貼り↓
s_DSC_1215_1.jpg

壁造作これから始めます(既存壁の表面ばらした状態)↓
s_DSC_1216_1.jpg

壁造作↓
s_DSC_1255_1.jpg
ボードまで終わりました。

この後クロス、CF(クッションフロア)の内装仕上げ工事ですが、写真取りに行けずありません。


キッチンを組立取付完了後↓
s_DSC_1277.jpg
これで一部屋とりあえず修了。
こまごました作業はあるものの大まかには以上!


今では快適にお住まいです。


ではまた。
http://home-making.net


スポンサーサイト
[2017/07/29 16:59] | リフォーム | コメント(0) | page top
ユニットバス交換工事なう
こんにちは、篠原です

お久しぶりのアップとなりました。


今日は「ユニットバスの交換工事」の注意点等お話しできればと思います。
施工前がこちら↓
s_P6060003 (1)

そして解体直後がこちら↓
s_DSC_0627 (1)


既存の配管がありますが、交換する際既存の配管の切り替えが必要かそうではないかの判断が必要です。
今回の場合ユニットバス下の隙間がないタイプの商品なので、外側ぐるっと排水回さないといけなので「先行配管必要」となります
循環と給水も多少やり替えが必要でした。

極めつけは既存ユニットバスの天井上にあった2階トイレの手洗いの排水管ががっつり新規ユニットバスの天井に干渉してくるので配管替えが必要になりました。
※天井上の干渉する配管↓
s_DSC_0630 (1)
 ※二本あるうちの下側の配管です。


ちなみに既存のユニットバスの出入り口に対して新設のユニットバスの出入り口は間口が広いため柱を切って梁補強しました。


新設後↓
s_DSC_0675 (1)
光の加減でちょっと見づらいとは思いますが
既存クリーム系の浴室内に対して→交換後はグレー系になりスタイリッシュになりました。


壊して復旧した壁のクロスを貼って工事完了です。
s_DSC_0676 (1)

後日完了した写真アップします。

日数的には
解体1日
配管やり替え1日
梁補強と下地1日
ユニットバス組立1日
壁造作1日
クロス貼り半日
※付帯する工事は合間を縫って施工。

計5日で完了です。


交換工事考えている方いましたら一度見積もりからでもお問い合わせください!
もちろん見積もり無料なので!!
http://home-making.net
[2017/07/18 11:05] | リフォーム | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。